スポンサーサイト

  • 2016.10.04 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    ついにねんがんの・・・

    • 2009.06.12 Friday
    • 00:56
    先週末、14日合わせの新刊の原稿が大詰めを迎えていた頃、通販で購入したある物が届いていました。
    それはこれ。



    今はちょっと部屋がちらかってますが簡便を。
    んで、これを買ってからというもの、ただの一度も夜に晴れて星が見えることもなく
    まったく使えなかったわけですが、北陸地方が入梅したというニュースが報じられて間もない本日11日の夜、ついに
    夜空が広がりました。本当に久しぶりの夜空です。

    んで、まずは土星探し‥。
    夜の8時頃で、まだ木星は難しい時間帯なため、土星を探しました。
    多分一番明るいやつがそうだろーとか思って大きな星をいくつか望遠鏡で見てみるも、ただの光。つまり恒星。
    30分ほど探しまくり、あきらめかけた頃、南西の星空に怪しい天体が!!

    この望遠鏡、まず低倍率のファインダーを使って大まかに角度をあわせます。
    続いて低倍率の接眼レンズで、真ん中にあわせて、ようやく高倍率の接眼レンズで見られるわけですが
    その怪しい天体、ファインダーの時点で形が微妙に変なのです。
    他の恒星は、基本的に光の点にしか見えないのに、これだけ形が‥!

    そして低倍率の接眼レンズに変えてみたところ、ビンゴ!!土星なのです。感動です。めちゃくちゃ感動です。
    高倍率に変えてみるとさらにはっきり土星と分かります。
    2009年はちょうど土星の輪が見えなくなる年(角度的に)なので、6月の時点でかなり細いです。
    9月頃に完全に見えなくなるらしいですが。

    私の望遠鏡からは、こんな感じに見えました。↓
    撮影機材がないので、絵で再現。よく見る写真みたいに大きくは見えないです。



    ネットやテレビで、いくらでも高解像度の土星の写真は見られても、実際に自分の望遠鏡で
    生の土星を見るという感動はなにものにも変えがたいものがありますね。
    ちなみに画面で見て土星の右下に小さな点があったのですが、衛星かなにかでしょうか?

    まだ勉強不足で、土星以外の星雲やら惑星はまだ見つけられません。次は木星を見るぞ!!
    (あともう少し倍率の高いレンズが欲しいです)

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << May 2017 >>

    twitter

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    帝一の國 3 (ジャンプコミックス)
    帝一の國 3 (ジャンプコミックス) (JUGEMレビュー »)
    古屋 兎丸
    本田先輩胸アツぱっつんかわいい

    recommend

    帝一の國 2 (ジャンプコミックス)
    帝一の國 2 (ジャンプコミックス) (JUGEMレビュー »)
    古屋 兎丸
    本田先輩まじぱっつんかわいい

    recommend

    帝一の國 1 (ジャンプコミックス)
    帝一の國 1 (ジャンプコミックス) (JUGEMレビュー »)
    古屋 兎丸
    本田先輩ぱっつんかわいい

    profile

    PR

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    access

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM